太陽光発電と定期点検

他の発電システムとは違い、太陽光発電は設置しておくだけで発電する特徴から可動部がありません。

したがって、負荷がかかりづらいので、故障し辛いですし、定期的な点検を行わなくて良いといった利点があります。

ですが、故障ではなくても、その他の影響によって発電量が落ちてしまう事があるのです。

例えば、太陽光パネルに木々やビルなどの影が落ちてしまう事によって、発電量が低下する事がありますし、その様な場合は、対応出来ないぶん故障よりもたちが悪いかもしれません。

もっと詳しく知りたい方は、太陽光発電比較探検隊を参照してください。

さらには、屋根の上にあるアンテナなどが太陽光パネルにかかっていて発電量が低下したという実例があります。

太陽光発電と足場料金太陽光発電は太陽光と密接な関係がありますので、発電量が落ちてしまったら、何か影響を与えるものがないかを探してみると良いかもしれません。

そして、いくら定期的な点検が必要ないと言っても、メーカーや業者では、4~5年に一度ほどの定期点検を推奨していますので、料金はかかりますが、保険のつもりで行った良いでしょう。