太陽光発電の課題

太陽光を活用した発電システムを実用化させるためには、多くの課題が残されている事を分かって頂けたと思いますが、こうした事を解決するためや事業化するために、ベンチャーが設立されており、MITで研究に常に向き合ってきた3人の研究者がソーラー社を立ち上げ、これらの課題克服に取り組んでおります。

ちなみに、通過する光に色が付くことから、展示場などのステンドグラスの代替えとして利用するのは良いという評価を得ており、用途も色々と出てきそうですね。

実のところ、私は未だに太陽光発電システムを自宅に設置していない1人でもあるのですが、確かに環境の事を考えると今すぐにでも導入するべきであることも認識したうえで、今後の太陽光発電産業の動向を覗っているという状態です。

設置する目安の時期としては2012年に入ってからと思っており、そのころには太陽電池の研究開発も進み、今より大幅な価格削減がされている頃だと思います。

ただ、都内では政府と都が協力して、助成金やグリーン電力として10年分の価値を買い取るという取り組みがなされており、気持ちが少し揺れ動いている状況です。