災害対策

日本における災害で真っ先に思いつくのは地震だと思います。

日本はプレートの関係上、大変地震が多い地域でありますので、軽い地震ならば、日常茶飯事といえるでしょう。

そして、地震に対して恐ろしいのは、二次災害である火災であります。

地震によって、ガス栓が抜けて引火する事もありますし、どの様な家庭であっても火災の恐れは秘めているのです。

しかし、最近太陽光発電と共に、オール電化が増える事によって、火災の脅威は少なくなってきました。

家庭でガスを使わなくなる事によって、遠出や旅行中に「ガスの栓はしめたかしら」といた心配がなくなるわけです。

現在では、環境問題の視点から太陽光発電は普及している時期でありますので、これからは、どんどんオール電化が増え、火災が少なくなれば良いと思っています。